【時間と共に熟される銅の表情を愉しむ】銅製クリップバインダーのご紹介

『銅製クリップバインダー』のご紹介

コロナ禍以降、何かをシェアすることがウィルスなどを媒介するリスクとなる事が取り沙汰されるようになりました。

もちろん近距離で話すなどの直接接触の比にはなりませんが、例えばお金やクレジットカードなどの授受行為を伴うこともリスクファクターとなりえます。

昨今ではスーパーマーケットやコンビニエンスストアでも手渡しでなく、カルトンに置いての受け渡しやセルフレジが当たり前になりつつあります。クレジットカードに関しても端末への挿入を自分で行うよう求められるシーンが増えました。

今回はそんな会計時に使える銅のクリップバインダーのご紹介。


抗菌作用の高い金属として注目されている銅素材。表面に付いた微生物の繁殖を抑え、分解する効果を持ちます。

多くの金属に見られる効果ではあるのですが、銅のそれは格段に強力で、数分後には既に分解反応が始まると言われています。

これを利用してマスクを保管するためのケースとして作ったのが、大変ご好評いただいている布製ケースや折り畳み式の銅製マスクケースです。


今回の『銅製クリップバインダー』は、銅製マスクケースをベースに、伝票ホルダーやメニューボードとして使えるよう改良したもの。基本的な構造は踏襲しているので、閉じ込む内側は同じく高い抗菌性を持ちます。

余談ですが、クリップ金具も大切なお客様のカードを傷付けないよう、弱めの設定にしました。

 

布製ケースと組み合わせて使うことも出来ます。

外側の質感は木目を思わせるレリーフ仕様。

 


ちなみに、銅素材は酸化してどんどんと表情を変える金属。革のように使い込めば使い込むほど深い色味に変わっていきます。

育てるように楽しんでいただきたい商品です。