【テーブルに一輪の花を】箸置き、カトラリーレストのご紹介3 /ガラス

『箸置き、カトラリーレスト』のご紹介3  /ガラス

ここまで『箸置き、カトラリーレスト』のご紹介1 『箸置き、カトラリーレスト』のご紹介2 と続けてきた箸置きのお話も、今回が最後となります。

今回のテーマは『ガラス』です。


1. ソラとミズ/カトラリーレスト

OHASHIのガラス食器の代名詞の一つである『ソラとミズ』

何か夢の中の景色を切り取ってきたかのような、淡くて不思議な色彩が印象的な一皿ですが、実は器の他にカトラリーレストもラインナップしています。

面積が狭い分、フォーカスされて色彩を豊かに見えるのが特徴です。

器も同様ですが、少し変わった技法を使って作られていて、ガラス中に含まれる大小様々な泡が複雑な乱反射を引き起こし、光を屈折させています。これに加え、ツヤ消しで仕上げられた表面が、独特のアンニュイな表情を作っています。

ちなみに、見えている青や紫が「ソラ」、その上に重なる透明な泡の層が「ミズ」。引き込まれた海の中で垣間見えた空の様子なので、「ソラとミズ」。区切られている分だけ、器よりそのコンセプトが掴みやすいかもしれません。

詳しいストーリーは【コラム】vol.20 ソラとミズをご覧ください。


2.  ソラとミズ/U型箸置き

あまり紹介する機会がありませんが、同じ技法で作られた箸置きもラインナップしています。一見すると海洋生物のような不思議な造形。

揺り籠やタラコのようにも見えますが、表面には滑り止めの溝が付いていて実用的な仕上がりになっています。ちなみに黄土色のラインは銀箔が焼き付けられたことによって反応した跡です。


3. 耐熱ガラス/一輪カトラリーレスト、箸置き

小さい試験管のようにパイプ状になったカトラリーレスト。

ここに季節の花々などを入れて使います。今回は元気になりそうな黄色のプリザーブドフラワーをセッティングしてみました。

食器もカトラリーも、汎用性を突き詰めるとモノトーンに落ち着きますが、そこだけで構成していくと味気ない雰囲気になってしまう時があります。

そんな時に有効なのは花などの自然物ですが、テーブルの面積やお店の雰囲気によってはそれらが置けなかったり、合わない場合もあるかと思います。このカトラリーレストはそういう状況でこそ生きるアイテム。

卓上のワンポイントで使えるので、派手になりすぎることもなく、それでいてしっかり雰囲気を作り出してくれます。ガラスの材料自体も実際に理科学用品などに使われる耐熱ガラスなので、どこかニュートラルな質感です。

短い箸置きタイプもあります。

人工物に囲まれて生活している現代人であっても、やはり季節を感じる花などを見ると落ち着くもの。外食への制限がある現在だからこそ、こんな「ちょっとした癒し」が必要なのかもしれません。


※今回の掲載品はオンラインストアでのお取り扱い予定はございません。お求めの場合はお手数ですがお問い合わせフォームよりお知らせ下さいますようお願い申し上げます。