【雪解けの白】カリス/リムスーププレート スノーホワイト

雪解けの白『カリス/リムスーププレート スノーホワイト』

2021年最初のコラム。折しもコロナウイルスの再拡大に伴って緊急事態宣言が出されました。その内容は飲食業界にとって非常に厳しいものであり、共に歩んできた事業者の一つとしてとても考えさせられるものがありました。

そんな事態の中で私達がこのコラムで発信すべき情報とは何かと考えた末、やはりそれは食器のご紹介だと思い至りました。

大切な人たちと笑い合いながら食事を囲むことは今は出来ません。誰かと手を取り合って喜びを共有したり、集まった人々の熱気に酔いしれることも今は出来ません。今まで当然のようにそこにあった幸せを、今は我慢しなくてはいけません。

幸せの絶対数が減っている中、数少ない“息をつくことの出来る時間”である食事は、むしろ今まで以上に重要な意味を持つように思います。食べることは幸せなことです。決してそれそのものが悪いわけではありません。

そうであるなら、その大切な食事の時間を彩る食器もまた「幸せ」の一部分なのではないか。そのように考え、これまでと同じように食器をご紹介するに至りました。

 

今回ご紹介するのは「カリス/リムスーププレート スノーホワイト」。

カリスシリーズの最初期から続くロングセラーアイテムの一つです。リム広のいわゆる帽子型のスタンダードなスーププレートでありながら、色彩の妙で独特な重厚感を持っているのが特徴です。

スノーホワイトとはそのまま「白雪の色」。お伽話の白雪姫の名前でもあります。

スノーホワイトの造形上のポイントはエッジの部分にかすかに覗くブラウン。このブラウンが器の立体感を強調し、雰囲気をグッと引き締める効果を発揮します。

メインの色はホワイトグレーでありながら、ベースのブラウンの赤味が加わり、少しだけ温かみを感じさせるものになっています。

「雪」というといかにも冷たく絶望的な印象を受けますが、同じ雪でもこれは「雪解け」の色。スノーホワイトの独特な色合いには重たい雪が解け、茶色の地面が顔を出すような情景が重なります。奇しくも「白雪姫」もまた、長い眠りから目を覚ますお話。

冬はずっと続くのではなく、いつか明けて必ず春が訪れます。

そんな願いとリンクするような一皿です。

この商品はオンラインストアでもご購入いただけます。
https://ohashijapan.com/collection/charis/charisrimsnowwhite.html